WIND ART SHOP

| トップページ| カートの中身を確認| 特定商取引法| プライバシーポリシー| メールお問い合わせ| RSS更新情報|

中橋 愛生  コンセルト・マーチ「シンタックス・エラー」(楽譜)


中橋 愛生  コンセルト・マーチ「シンタックス・エラー」(楽譜)

中橋 愛生  コンセルト・マーチ「シンタックス・エラー」(楽譜)
Yoshihiro Nakahashi
仕様 レンタル譜

中橋 愛生 コンセルト・マーチ「シンタックス・エラー」

■レンタル価格:15,000円

■演奏時間:約3分10秒

■演奏レベル(5段階):4+

■演奏可能最低人数:35人

■作品解説
「マーチ」とは何であろう。それは曲や人によって様々であろう けれども、今回は仮に「常に同一方向へのベクトルを持つ音楽」と してみよう。放っておいても勝手に一つの方向へ進んでいく推進力を 持つ形式は、考えてみれば極めて特殊なものである。ならば、この 形式を「解体」するのではなく、そこに敢えて「搭載される」ことに 何か新しさはないだろうか。それがこの曲の発想のスタートと なった。 タイトルはコンピューター用語の一種で「構文上の誤り」を 意味する。マーチにおける「ごく単純な拍節構造」(だからこそ、 比類無き推進力を生むのだが)は、ある種の「構文」と言うこと ができよう。また、よく用いられる伝統的な形式も「構文」と 言える。この曲ではそのような「構文」を嫌味なまでに踏襲し つつも、かなり悪辣な手法でそこからの逸脱(というよりも 「エラー」である)を随所に仕込んでいる。これらの「エラー」は 非常に「構文」に近い形で混ぜられているため、かえって奏者には 「違和感」を覚えさせる。しかし、何となく聞いている人には 「普通のマーチ」に聞こえるだろう。この微妙な距離感が「解体」 ではない「歪み」の面 白さを生むことを意図した。エラーは 大きく二つの性質に分けられ、一つがクローズアップすべき 「逸脱の面白さ」であり、もう一つは逆に「克服すべき」エラー である。 なお、欧文タイトルは《Concert[o] March "Syntax Errors"》で、 「演奏会用」と「協奏的」(この場合はラテン語起源ではなく イタリア語起源のほう)とを掛けてあるのだが、どちらにしろ 英語では「コンセルト」とは発音しないのであって、ここにも 一つの「エラー」がある。  2004年3月に作曲。2004年の野中図洋和指揮の陸上自衛隊中央 音楽隊によるレコーディングが初演(KING RECORDS/KICW 3014)で、 公開初演は2005年4月17日に若林義人指揮の龍谷シンフォニック バンドによる。 (中橋愛生)


16,200円(本体価格:15,000円)/セット セット

関連商品
関連する商品はありません。
spacer

ショッピングメニュー 

商品検索はこちら


商品カテゴリー
全商品の表示
CD
楽譜





■■臨時休業日のお知らせ

2019年7月23日(火)・24日(水)は誠に勝手ながら夏季休業とさせて頂きます。

ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了承の程お願い申し上げます。

■■全国の楽器店・販売店様へ

全国の楽器店・販売店・CDショップ様への卸し業務も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。ご利用を心よりお待ち申し上げております。
電話/FAX 047-309-1055
メール info@wind-art.com


■営業日カレンダー
spacer
ウインドアート出版